Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

お風呂で正座してほっそり美脚効果!

皆さんはシャワー派ですか?それともお風呂派ですか?

お風呂に入るだけでも体が温まり、汗をかいてダイエットの効果があるのはご存知かと思います。そのついでに正座で入浴することにより、骨盤のゆがみや足のむくみの解消につながったりと良いことがプラスされます。

 

面倒な運動やエクササイズが続かないといった方は是非お風呂で正座ダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

 

お風呂での正座でのやり方紹介

1・両足、両膝のかかとをしっかりとくっつけて下さい。そのまま腰を下ろしてかかとの上にお尻をのせます。

2・その状態を90秒キープする。

やり方は以上です。90秒経過したら楽な姿勢をとっていいですよ。1つポイントがあり猫背にならないように背筋をピシッと張ることです。

 

うまく正座が出来ない場合は足の準備運動を行ってから入るようにしましょう。入る時には浴槽のふちを両手でしっかりつかまり、できるところまでしゃがみます。

 

注意点としてはお風呂の温度は38~40度に設定して下さい。

高めの温度は体に負担がかかり美容に良くないのです。

 

このお風呂正座効果はまず足のむくみに効きます。

ふくらはぎに圧がかかる事によって血流が一時的に悪くなりますが、上記の90秒経過後楽な姿勢になった時に反動で血流が普通よりも良くなるというわけなんです。

 

お風呂で正座ダイエットの効果をさらに高めるには、正座をした状態で体を前後左右に傾けることでさらに足の筋肉を伸ばすことができます。

 

イメージとしてはひざから上、太ももの前の部分の筋肉をぐーっと伸ばすような感じです。わりと鍛えにくい場所なのでふくらはぎ周りの筋肉に自分の体重を利用することで、ひきしまったふくらはぎと足首を作るのに役立ちます。

 

血流が良くなるということは当然体が温まり代謝がよくなり痩せやすくなるという事なんですね!そして骨盤の歪みにも効果があります。

正座することによってバランスがとれ安定するため、骨盤の歪みに効くんですね。

 

こうする事で内臓の位置が元に戻りポッコリお腹が解消し脂肪が燃えやすくなるんです!

さらに内臓が正常位置にくることによって食欲も正常になるそうです。

これは膨張ぎみだった胃が内臓が正常な位置にくることにより適切な胃の大きさになるそうです。結果、食欲が正常になるというわけです。

ついでですがお風呂正座の際にストレッチをを取り入れるのも良さそうですね^^

正座したまま両手を後ろにつき上半身が伸びるような形にします。

まさに一石二鳥というやつですね!

お風呂の時に是非やってみて下さい^^