Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

市販の野菜ジュースは栄養が少ないって本当?

市販の野菜ジュースは健康に効果がないという意見があります。

本日はこれについて紹介したいと思います^^

なぜ市販の野菜ジュースは効果がないと言われるのか?

まとめてみたので書いていきたいと思います。

・ビタミンCが加工の段階で失われてしまう。

加熱処理によってビタインCが失われてしまいます。ただし製品によっては本来の野菜と同等のビタインCを加えているものもあります。

・酵素も失われている。

酵素もビタミン同様に熱に弱いので失われています。酵素は糖の分解をゆるやかにしてくれる効果がありますが、失われているため血糖値が急激に上がる可能性が考えられます。

・食物繊維がほとんど含まれていない。

市販の野菜ジュースはサラサラとして飲みやすいですよね。

自宅で野菜ジュースを作った場合ドロドロとしたペースト状になるのはわかると思います。これでは飲みにくいので市販では食物繊維を取り除き飲みやすくしているのです。

それでは市販の野菜ジュースは飲まないほうがいいのか?というとそうでもないのです。

栄養素が失っているのもありますが熱に強い栄養素が残っているからです。

・ビタミンA

視機能改善、皮膚や粘膜の健康維持、動脈硬化、ガン予防

・ビタミンB群

疲労、免疫力、貧血、便秘、食欲不振など不足すると様々な症状が出ます。

・カリウム

余分な塩分の排出。

このように残っている成分もあり一概に効果がないとは言えません。

それでは野菜ジュースを選ぶ時のポイントをまとめたいと思います。

・野菜100%のものを選ぶようにしよう

野菜不足を感じている方はこれを選ぶようにしましょう。

砂糖や食塩が添加されていないものを選びましょう。

上記成分が含まれているものはカロリーが高い傾向にあり、肥満や高血圧の原因になりえます。なのでなるべく無添加を選ぶようにしましょう!

・食物繊維の含有量が多いものを選ぶ。

以上が選ぶチェックポイントになります。野菜ジュースはあくまで補助的なものと考え出来るだけ生野菜を食べるのがバランス的に1番なのは言うまでもないですね。

生野菜はしっかりゆっくり噛むとホルモン分泌や食欲抑制、食後の血糖値上昇をゆるやかにしてくれます。


ジュースと違い生野菜は噛んで食べますよね。噛む事というのが意外と大切なことで、唾液の分泌を促し消化を助けるとともに、頬の血流や頭の血流を良くしてくれます。

以上、野菜ジュースについての記事でした!