Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

献血する事で得られるメリットとは?

あなたは一度でも献血に行ったことはあるでしょうか?無い人のほうが多いと思いますが献血にはどんな仕組みでなんのメリットがあるのかを書きたいと思います。

 

献血に行ったことはありますか?

献血に行ったことがない人がほとんどだと思います。街で時々呼びかけているのを見ますがどんな仕組みで、どんなことが出来るんでしょうか?

 

医療技術は日々進歩しています。しかし血液というものは現代の技術でも人工的に作る事は成功していません。

 

どのような仕組みになっている?

まず献血できる年齢ですが16~69歳までです。献血提供には2種類あり血液すべてを提供するか一部の成分を提供するかに分けられます。

 

献血にかかる時間ですが10~15分、成分献血では40~90分程度かかります。

健康な人ならば献血を行ってもほとんど影響はありません。しかし体調が良くない時はやめておきましょう。血圧が低下する可能性があり献血中に気分が悪くなったりする事があります。

多くの場所で血液が足りていない

では献血された血液は何に利用されるのかですがまずは精密検査、血液の成分ごとに分離を行い血液製剤として保管されます。血液というのは有効期限があり足りていないのが現状です。

 

また少子高齢化により若年の方の減少も背景にあります。献血された血液は手術や治療等に主に用いられます。

かつては血液が売られていた

以前では血液が売買されていた時代がありましたが現在では禁止されています。

それは血液を売る目的で金銭の目的で行い血液の質の低下が考えられるからです。

他にも注射針によりウイルス感染等の問題もあったようです。

 

献血をすることによるメリットは?

各地の献血ルームで様々なイベントが開催されます。行われるイベントは各地で様々ですが一例としてはハンドマッサージやネイルなどをやっている場所もあります。

お菓子やアイスクリーム等もらえる事もあります。

 

そしてご自身の健康状態を無料で知る事が出来ます。通常の血液検査でかかる費用をタダで行え健康状態も知ることができます。

健康診断で行う血液検査と同じ項目の数値がわかるのです。

会社で健康診断を行っている方はあまり必要性を感じないと思いますが働いてない方はぜひ利用してみるのも良いと思いますよ。

 

それでは献血する事で体に何かメリットがあるのかどうかですが、血液はおよそ120日間で新しいものに変わると言われています。

血液が抜かれる事によりわずかに栄養や水分が抜けて体重が減るだけです。

 

しかし血液を抜く事により血流がスムーズになり新しい血液が作られ体に良いという意見もあります。

どちらが本当なのか、個人によっては肩こりが楽になったという意見もありますが私個人の意見としてはほぼ変わらないと思っています。

どちらにせよボランティアなので受ける受けないは自由です。

以上、献血についての記事でした!