Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

爪もみで自律神経失調症を劇的に改善!

本日はお手軽で爪もみで得られる効果をご紹介したいと思います。

爪もみは自律神経のバランスを整え免疫力を正常にする作用があります。

 

手は第2の脳とも呼ばれている程です。

やり方ですが爪の生え際には副交感神経を刺激するツボがあります。

現代はストレス社会と言われており交感神経が優位になりがちになっています。

 

そこで爪もみを行う事により副交感神経を刺激してやり自律神経を整えストレス軽減や様々な効果が期待できるというわけですね。

 

ツボの場所は爪の根本の両端です。指によって効果が様々あるので紹介していきたいと思います。ただし薬指だけは交感神経を刺激するので押さないようにしましょう。

交感神経が優位になりすぎるとリンパ球が減少し免疫力が低下する原因になります。

・親指

アトピー、咳、喘息、リウマチ、ドライマウス、円形脱毛症

・人差し指・・・主に消化器系に有効なツボです。

潰瘍性大腸炎、クローン病、胃、十二指腸潰瘍、胃弱

・中指

耳鳴り、難聴

・小指・・・循環器系に有効なツボです。

脳梗塞、ボケ、パーキンソン病、物忘れ、不眠、メニエル病、高血圧、糖尿病、肩こり

腰痛、椎間板ヘルニア、動悸、頭痛、腎臓病、頻尿、痛風、尿漏れ、精力減退、肝炎

しびれ、肥満、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、顔面神経痛、自律神経失調症、不安神経症、パニック障害、うつ

 

やり方についてですが人差し指と親指で挟むような感じで中指、人差し指、小指、親指の順番で行います。

1つの指につき10~20秒程かけて行います。ギュッギュっと断続的な方法かギューっと押し続けるやり方どちらでも構いません。

 

強さは多少刺激が加わる感じ、または痛気持ち良いくらいがちょうどいいです。

1日にどれくらい行うといいかですが2~3回行ってください。やりすぎは交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまう可能性があるので本末転倒です。

 

どれ位で効果が表れるかは当然個人差がありますが最低でも1か月は継続して下さい。

お金もかからず手軽に出来るのでやってみてはいかがでしょうか?ただ継続しないと効果を実感できないと思われますので根気よく続けてみて下さい。

以上、爪もみ健康法でした!