Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

イヤホンやヘッドホンで音楽を聴き続けると起こる障害

今はポータブル機器が普及し年齢層問わずみんな音楽を楽しめるようになっています。

しかしイヤホンやヘッドホンで音楽を聴き続けていると思わぬ病気を引き起こしてしまう病気があるのです。

 

家の中以外でも街中で音楽を聴いている人は多い

最近では携帯でも音楽プレーヤーが急速に普及してきて長時間聴取できるようになっています。それにより内耳への負担が大きく問題視されています。ヘッドホンというのは電車の中や人混み使う場合が多いので、ついつい音量を上げてしまいがちです。

 

通勤等でイヤホンで音楽を聴いている習慣があると将来難聴になるリスクが極めて高いと言われています。

若い人でも起こりうる難聴

最近ではヘッドホンを利用し大音量で音楽を聴く若者が増えており、これが原因で音響外傷になるケースが急増しています。

音響外傷とは大きい音を聴くことが原因で内耳の有毛細胞が障害されておこる感音難聴です。

 

携帯音楽プレーヤーのイヤホンで大音量の音楽を毎日90分以上聴き続けると、聴力が低下する恐れがあるとの研究結果も出ています。

音響外傷とは?

強力な音波によって内耳の蝸牛が障害を受け、難聴などが起こってしまう状態です。

毎日のように大音量で聴き続けていると、徐々に蝸牛内の有毛細胞が傷つけられていきます。ディスコや音楽コンサート、ヘッドホンでも100db以上の音響が持続することで難聴が発生します。100db以上の音は15分以上は聴き続けないよう注意が必要とされています。

原因は?

ヘッドホンを使用することで通常ならば空気に伝わる過程で弱まるはずの音の周波数が高いまま直接耳に伝わるため、内耳にダメージを与えてしまうのです。

その結果知らないうちに難聴になっているケースもあり得ます。

 

また外出中に使用することが多いため周りの音負まけなように音量を上げてしまうため、知らず知らずのうちに大音量になってしまいがちです。

 

予防法

周りの音が聴こえる程度の音量で静かな部屋で適切な音量に調整し、騒音等うるさい場所でもその音量をキープすることが大切です。そして1時間以上は連続で聴かないようにし、1時間聴いたらヘッドホン、イヤホンをはずし5分以上は耳を休ませるようにしましょう。

耳が少しでも疲れたと感じたら休憩を

耳が疲れない程度の音量で聴き、一定時間聴いていて耳が疲れたと感じたら聴くのをやめて休憩するようにしましょう。

難聴の症状が出たら

難聴の症状としては聴力の低下、耳鳴り、めまいの3つが確認されています。

3つ全て起こる人もいれば1つしか起こらないという人もいてそれは人さまざまです。

普段何気なく聴いているこのヘッドホン、将来のご自身のためにも音量を控えて疲れたらすぐ休むという事を気にとめて音楽を楽しみましょう。