Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

美肌に必須なエストロゲンは食事で補える!

別名に美のホルモンとも呼ばれるエストロゲン。美肌を作るには欠かせないホルモンです。子供を産んでも年を重ねてもいつまでも綺麗でありたいと思うのは当然です。

 

今回はエストロゲンを食事で増やす方法について紹介していきます。

 

エストロゲンとは?

女性ホルモンのひとつでこのホルモンが出ることにより、月経と妊娠があり肌もつややかで髪の毛も多く張りのある乳房になるなどの作用を持っています。また肌の水分量を調節する役割もあり、コラーゲンを増やす作用もあります。

 

しかし体内のホルモンバランスの乱れ、加齢等によって減少してしまいます。年齢的に20代がピークと言われており30代から徐々に減少してしまいます。

そこで本日は食事でこのエストロゲンを摂取し補おうというわけです。

エストロゲンは大豆イソフラボンから摂取

それではどんな食品に多く含まれているかですが「大豆食品」です。大豆食品には大豆イソフラボンが多く含まれておりエストロゲンとそっくりな働きを持っているんです。

具体的な食品は納豆、豆腐、油揚げ、きなこ、味噌等の大豆製品です。

 

味噌にも大豆イソフラボンが含まれているので毎日味噌汁を飲む家庭でしたら無理なく摂取する事が出来ますね。

 

お手軽にとるなら豆乳がおすすめです。含有量も多く固形の大豆食品より栄養分を効率よく取り込んでくれます。

しかし注意してほしいのが摂取しすぎはダメという事です。

手軽に効率よく摂取したいなら豆乳がオススメ

含有量の多さで見ると豆乳が豊富に含まれています。しかし豆乳の場合1日コップ1杯弱程度に抑えておくのがいいでしょう。なぜなら豆乳以外でも大豆食品から大豆イソフラボンをとっている場合とりすぎてしまう可能性があります。

 

摂りすぎてしまうと整理トラブルやホルモンバランスが崩れたりする可能性が考えられます。適度に摂取するように心がけましょう。

 

エストロゲンを増やすサプリメント

サプリメントの摂取でもエストロゲンの分泌を促し女性ホルモンを整えることが出来ます。有名なサプリメントでは「プエラリア」というものがあります。

 

プエラリアにはミロエステロールという成分が成分が含まれており、女性ホルモンを活性化させる働きはなんとイソフラボンの1000倍とも言われています。

 

他にはマカにも注目が集まっており、南米ペルーのアンデス山脈に自生する植物の一種で、滋養強壮や精力増強のほか更年期障害の症状の改善や肌の老化防止に効果があります。

 

マカにはアルギニンというアミノ酸の一種でエストロゲンに似た働きをすることで、女性ホルモンを整える効果があります。