Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

起床後すぐにやってはいけない事

朝起きて普段やっている行動って実は良くない事があります。今回は起きてすぐやってはいけない事をまとめてみます。

 

1:ヒゲ剃りは肌に負担がかかる。

起きてすぐの肌は乾燥している状態です。寝ている間は水分を多く消費します。

起きた時って喉が渇いていませんか?なのでヒゲ剃りは水分をとったり蒸しタオルで肌を湿らせてからのほうがカミソリ負けを防ぐ事が出来ます。

2:眠気覚ましのコーヒー。

正確に言うとやってはいけなくはないのですが、起床後というのはコルチゾールという覚醒に関わるホルモンで起きた時はこのホルモンの分泌がピークになっているのです。

つまり眠気覚ましのコーヒーは実は意味がないという事です。

 

ではコーヒーを飲む時間は何時頃がいいのかですが、起きる時間は人それぞれでハッキリとした時間は言えませんが起床後2時間後くらいが目安です。

これはコルチゾールホルモンの分泌が減少していく時間でもあるためです。

3:朝風呂。

睡眠中は水分を多く失っている事は書きましたが、そのため血液が凝縮している状態で入ると余計に良くないです。

また朝は気温や体温が低くなっており心臓に負担がかかります。高血圧や心臓の病気を患っている方は朝風呂は禁止です。

4:起きてすぐに甘い物を食べる。

起きた直後は空腹なのでいつも以上に吸収しやすくなっています。

また血糖値も急激に上がり太りやすい体質になります。そして朝はまだ代謝のスイッチが入っていない状態です。食べるなら朝食後か10時頃にすると良いでしょう。

5:起きて急な運動はダメ

目覚ましが鳴って飛び上がったりジョギングはやめたほうがいいです。

前者は反射で起きてしまうなら仕方ないのですが^^;これは血圧が急激に上がるので体に負担がかかるためです。朝食後1時間程度経過してから運動するようにしましょう。

 

それでは起きてすぐにオススメの行動を紹介します。

太陽光を浴びましょう。知ってる方も多いと思いますが睡眠中はメラトニンが分泌されておりこれを抑制しないと眠気が続いたままです。

 

太陽光でメラトニンの分泌を止め体内時計をリセットしましょう。

次はストレッチです。起きてストレッチをする事で代謝が上がります。

起きてストレッチを行い代謝量を上げておけば1日その状態で過ごす事ができダイエット中の方にはオススメです。また体中に血液もいきわたって頭も冴えるのでまさに一石二鳥ですね。