Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

誤ったドライヤーの使い方は薄毛の原因になります

間違ったドライヤーの使用法を続けていると髪の毛や薄毛の原因になってしまう。

今日は正しいドライヤーの使い方を紹介します。

 

ドライヤーを使用するのは少なからず頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいます。

逆に使わずに頭皮を濡らしたままにしていると雑菌の繁殖やフケ、かゆみの原因になってしまいます。

 

そのため衛生面という視点からでもドライヤーは使用するべきだと思います。

当然髪が濡れている状態でドライヤーを使うわけですが、普段髪の毛が乾いている時のはキューティクルで保護されている状態です。

 

しかし濡れているとこのキューティクルがめくれて傷みやすい状態になっています。

その状態でドライヤーの熱風をかけると当然髪は傷んでしまいます。そうするとキレ毛、抜け毛の原因となり結果として薄毛になってしまうのです。

 

かといって完全に乾かしてしまうと髪の毛の水分がとんでパサついてしまいまとまらない髪の毛になってしまいます。それでは正しい使い方を紹介します。

 薄毛を招く間違ったドライヤーの使い方

間違ったドライヤーの使い方で多くの方が1度はやってしまったことのある間違いがこれです。お風呂から上がったあとすぐにドライヤーで乾かしますか?それとも長時間放置して放っておきますか?

 

実は長時間放置して乾かさないでいるのが薄毛の原因になります。髪の毛は濡れたままの状態ではキューティクルが開いたままになっています。

 

キューティクルが開いたままだと、髪の内部の水分や栄養素も全部乾燥してしまうので、髪が傷み抜け毛の原因になってしまいます。

 

なのでお風呂から上がったらなるべく早くドライヤーで乾かすようにしましょう。

 

・まずはタオルでしっかりと水分をふきとる。

ドライヤーで頭皮や髪の毛にダメージがあるというのはお話しましたね。なのでドライヤーを使う時間を短くするためにタオルでしっかりとまずは水分をふきとる事です。

この時ゴシゴシふくのではなく優しくポンポンと叩くようにしてふくようにしましょう。

・ドライヤーは15cm以上離して使用する。

次はドライヤーで乾かしていきますが髪の毛から15~20cm離して使うようにします。

この時クシやブラシを使うのは髪の毛を岐津つけることがあるのでやめたほうがいいでしょう。

 

ドライヤーの熱というのはかなりの高温なので近すぎると髪の毛が湾曲したり頭皮に触れると火傷の原因になるので必ず離して使うようにして下さい。

・髪の根本のほうから乾かしていく。

乾くのが遅い襟足から乾かしていき髪の根本から先端に向かって乾かしていきます。

これは根本のほうが先端より乾きにくいからです。髪が8割ほど乾いたら最後に冷風を使って仕上げましょう。

 

自然乾燥でも良いのですが冷風をあてる事によりキューティクルが締まりつやが出ます。注意点は100%乾かさないようにする事です。完全に乾かすと髪の毛の水分が蒸発しダメージを与えてしまいます。

 

以上が正しいドライヤーの使い方となります。毎日使うものですから若ハゲや薄毛にならないよう正しくドライヤーは使いましょう!