Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

イライラや体調不良の原因は真っ白なインテリアだった!

白といえば清潔感や綺麗等というイメージがあるかと思います。

インテリアにもよく使用される色で人気のカラーです。しかしピュアホワイトの使い方には注意が必要なようです。

白色というのは光を乱射させます。

 

そのことによって部屋全体に広がりをもたらす効果があります。そしてその特性を活かして壁紙などの広い面積の部分に白を使うと、部屋がより広く感じさせたり閉塞感の軽減にもなります。

 

部屋を明るくさせるのはいいのですが、日光が多く入る部屋に使用するとまぶしくなり落ち着きにくくなってしまうので注意が必要です。

 

入居前など真っ白な空間で住みやすそう、開放的など感じる方がいる一方で、実際に住んでみるとどうも落ち着かないと相談にくるケースも多いようです。

 

そして白というのは目に負担がかかる色なのです。明るさや清潔感を感じさせる色ですが実は人を疲れさせる色なんです。

白というのは数ある色の中で最も光を反射させる色です。

 

人が落ち着いていられる反射率というのがあり、通常60%を超えないと言われていますが、白にいたってはなんと80%近くもある事がわかりました。

ちなみに落ち着ける色の反射率の参考として緑が60%、茶色50%、青50%となっています。

そして心理面や体調にも影響がある事がわかりました。

 

心理的な面からみると白は緊張感を伴う色です。例えば部屋が床やインテリア壁など白ばかりだとすると、白というのは光を吸収せずに全部反射してしまいます。

白は多様するとまぶしさや疲れ、頭痛がしやすくなったり、イライラを感じたりする事もあるので注意が必要なんですね。

 

それでは適度な白の使い方とは?白のものより薄い色の入ったもの、淡い色が入ったものがあれば目の負担は軽くすみます。

 

ではインテリアで明るく広く見せたいという時には、ベージュやアイボリー、オフホワイトなどの淡く明るい色を基調にすると効果的です。

プライベートルームなんかでゆったりしたい場合では、クリーム系のホワイトがおすすめです。これでも部屋を広く感じさせる効果は十分あります。

 

また病院の待合室や診察室なんかでも白が多く使われていませんか?

やはり落ち着かなかったり緊張したりという経験があると思います。白というのはこのような影響があるため次第に病院でも淡い色に変わってきているのです。

色というのは不思議と精神面に影響を与えたり逆に不安を軽減したりする色などあります。以上、白色についての影響記事でした。