Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

食事を減らしてもなかなか体重が減らない方へ

突然ですが普通に考えると食事の量を減らせば痩せるのは当たり前なんです。

それは例えば毎日大体1700kcal摂取していたところ、1400kcalに減らせば徐々に体重は減ります。では食事を減らしているのになかなか痩せれないというのは基礎代謝が影響しているのかもしれません。

 

基礎代謝とは何もしなくても生命維持のために消費されるエネルギーの事です。

それではどうすれば痩せる事が出来るのかを説明していきたいと思います。

それは先ほどあげた基礎代謝を上げる事です。

 

基礎代謝は筋肉の量によって比例します。筋肉が増えれば基礎代謝は上がり、筋肉が減れば基礎代謝も低下します。

基礎代謝が上がることによりエネルギー効率が良くなり、痩せやすくなりむくみや冷え性などを改善できる可能性があります。

 

そして基礎代謝が高いという事はエネルギー消費も多いのでたくさん食べてもその分消費されて脂肪が蓄積されにくいです。

 

ですので食事量を減らしてもなかなか痩せにくいといった方は基礎代謝を上げましょう。そうすれば太りにくい体質になります。

それでは基礎代謝を上げる方法について紹介していきます。

 

・身体を柔らかくする事

身体が固いということは全身の筋肉が凝り固まっているという事です。

そうすると血液やリンパ液がうまく流れていかなくなります。

血液やリンパ液というのは代謝を助けているので身体が固いと代謝が悪いという事にもなりますね。

 

身体が固いという自覚をもっている人は柔らかくしてあげる事で基礎代謝をあげることが出来ますよ。

それでは柔らかくする方法ですがストレッチをします。毎日欠かさずストレッチを行う事で徐々に身体が柔らかくなってきます。

 

オススメはお風呂上りにやるとさらに効果的です。入浴後は代謝が良くなっており、普段の時よりも身体を柔らかくする効果が期待できます。

・高たんぱく、低カロリーの食事をとる

タンパク質が不足するとたとえ体重が減っても太りやすい体になってしまいます。

筋肉をつけるには運動は当然ですが食事からタンパク質もとるようにしましょう。

タンパク質を摂取する事で代謝を上げることには重要な事になります。

プロテインは良質なタンパク質が手軽にとれて高たんぱく、低脂肪にもってこいなのでおすすめです。

・水を飲むようにしましょう

水をたくさん飲むことによって体温が下がります。

すると身体は元の体温に戻そうとする働きでエネルギーを消費します。水の摂取の目安というものがありますが、普段あまり水を飲んでいない方は意識して少しでも水を飲むようにするといいですよ。

・食事はしっかり噛んで食べよう

噛めば噛むほどエネルギーの消費量が高くなります。よく噛むことで太りにくい体質にもなるので、食事の時にはよく噛むようにしましょう。

以上簡単ではありますが、食事を減らしても体重が減らない方へ、上記の方法を試してみてはいかがでしょうか。