Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

だるい、やる気が出ない時ありませんか?それは5月病かもしれません

5月病とはゴールデンウィーク明けに起こりやすいと言われている症状で、だるい、やる気が起きない、意欲低下、憂鬱、ネガティブな思考になる等の症状です。

 

本日はそんな5月病に対する対処法を書いていきたいと思います。

5月病は新入社員がなりやすいと言われています。

それは4月に入学や就職、異動などの環境の変化がたくさんある時期です。

 

それはかなりストレスになるようです。入社したとしたら先輩や上司がまだどんな人物なのかわかりません、気を遣ったり、顔色を伺ったり、歓迎会があったり。だから皆頑張って取り組みますよね。

 

それが5月の連休が終わった頃に緊張の糸が切れて、それまで頑張ってきたストレスが急にきて症状として出てきます。

人は基本的に自分らしくいられればストレスは感じません。

 

先輩や上司の機嫌や付き合い、色々あると思いますがそういう周りのものを気にせず自分の考えを貫く事が出来る人はなかなかいません。

それでは5月病のはどんな症状が出るのかを見ていきましょう。

・不眠、疲労、めまい

・胃痛、食欲不振

・動悸、無気力感

・焦りや苛立ち、人とかかわるのが億劫

 

このような症状が当てはまったら5月病かもしれません。ストレスが過度にかかり身体が危険信号を出しているということです。

それではどんな人がなりやすいのでしょうか。

 

・真面目な人

・責任感がある人

・忍耐力がある人

・融通がきかない人

・完璧主義な人

・内向的、感情を表に出さない人

・周りに合わせる、気にする人

・几帳面な人

 

几帳面で物事をキッチリしないと気が済まない人や完璧主義な人は、それがストレスになってしまいます。

真面目や感情を出さない、周りに合わせるタイプの人は感情を上手に人に伝えられないというのがストレスになってしまいます。

 

逆に不真面目で責任感もない、完璧主義でもなく周りも気にしないという人は季節関係なくいつでも自分のペースなので、いつものんびりしていて悩まされる事はないと思います。

それでは5月病に対する対処法を紹介します。

 

・睡眠を整える

睡眠については時間帯を意識して寝るのが重要です。

推奨する睡眠時間は6~7時間で23時までには寝るようにしましょう。夜更かしをしないで毎日の生活リズムが安定している人はセロトニンが強いと言われています。

 

このセロトニンというのは神経伝達物質でうつ病の治療にも関係しているほどです。

5月病はうつ病にもかかわりが深いですから睡眠をきちんととるようにしましょう。このセロトニンという物質はノルアドレナリンやドーパミンと並んで体内で重要な役割をもっている三大神経伝達物質の1つです。

 

セロトニンは人間の精神面に影響を与え心身の安定や心の安らぎに関することからオキシトシンとともに幸せホルモンとも呼ばれています。このセロトニンが不足してしまうと感情を抑制できずに怒りっぽくなったり、不安を感じやすくなったりします。

 

セロトニンがしっかり分泌されていれば精神的に安定した状態を保つことが出来ます。

・ストレスを発散しよう

ストレス発散の方法は各々あると思いますがおすすめの方法をご紹介します。

・運動をする

・歌をうたう

・心を許せる友人と会話する

・好きな映画やドラマを見る

・本を読んだり好きな音楽をきく

・自然の多い場所にいく

・自分の好きな事をする

ざっとあげましたがやはり自分の好きな事をするのが一番だと思います。

以上対処法をあげましたがなかなか治らない、おかしいなどと感じたら早めに病院を受診するのが一番です。