Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

あなたの健康は会社での過ごし方で決まる!オフィス健康法

今日は会社でちょっとした一工夫を取り入れることでストレスや健康に良い方法をご紹介していきたいと思います。皆さんは会社ではどのように過ごされているでしょうか。

 

長く会社を続けていくためには健康が第一ですよね。

また休憩時間はありますか?1日の大半を会社で過ごすわけですからここでの過ごし方があなたの健康に影響を与えます。

 

例えばパソコンを主に作業している方は座りっぱなしであることが多いと思います。この座りっぱなしは健康に悪いことがわかっています。

 

そうした場合は1時間に1度は立ち上がって歩くようにしてみましょう。その場合普段よりも大股で歩くように意識するほうが良いですよ。

それではこれからちょっとした工夫で健康にいい方法というのを書いていきたいと思います。

 

まずあなたは職業病にかかってはいませんか?1日のうちにパソコンや机に向かう時間が多いオフィスでの作業は目や肩など色々疲れると思います。そういった体の不調が職業病とも言えるのです。

 

ではどうすればいいか?ですが空いた時間に軽いストレッチをしましょう。

体に動きをスムーズにしてストレス解消にも役立つんですよ。

 

普段使っていない筋肉が伸びることによって筋肉の血流が良くなります。また体の柔軟性を保ったりリフレッシュしたりする効果もあります。

肩こりや腰痛の軽減ができ、これを毎日継続することで全身のダルさが取れたり体が温まり、冷えの解消にもつながります。

 

・健康法1 目のストレッチも効果的。

ずーっとパソコンに向かって作業していると目が疲れますよね。

ここで休憩をとって目を少し休ませてあげましょう。疲れ目の改善やリフレッシュには、目の周りの筋肉をほぐすストレッチが効果的ですよ。

・健康法2 オフィス内を歩幅を上げて歩きましょう。

歩幅をいつもより広げて歩くようにします。そして少しスピードアップさせて歩きます。休憩がない場合などでもトイレに行くときやお茶を入れに行くときなんかにちょくちょく席を立つことが重要だと思っています。

 

日本人の平均の歩幅は60~80cmと言われています。

自分の身長の半分くらいの歩幅で歩くと、抗重力筋も適度に刺激されて筋力アップにもなります。抗重力筋とは重力に対して働く筋肉のことです。

 

そしてデスクワークで仕事をしている方は知らず知らずのうちに歩幅が狭くなりがちです。歩幅を5cm広げて歩くことを意識しましょう。

・健康法3 座り仕事を減らす。

今の時代メールやラインが当たり前のように使用されています。

それはプライベートだけではなく社内でもです。メールやラインが来た時にはそれで話を澄ましてしまうのではなく相手の元に行きましょう。

 

そうすることで上記に書いた方法も活かせますし一石二鳥というやつです。例えばあなたに部下がいたりしてコピーをとりにいってくれ、と頼むのではなくわずかな距離でも歩くようにしましょうという事です。

 

こうした小さな積み重ねがご自身の健康にもつながってくると私は考えています。

・健康法4 階段を使いましょう。

社内にエスカレーター等あるかと思いますが階段を利用しましょう。

これも日常の動作を利用した健康法ですね。階段は外でもどこにでもありますから、手軽で効果的な健康法です。すぐにできるので時間のロスもないですし、今の時代にピッタリな安全、手軽な健康法と言えますね。

 

いかがでしたか?こんなちょっとした工夫を積み重ねるのとそうでないのとでは違ってくると思います。思いついたら是非取り入れてみてはいかがでしょう?習慣にもなると思いますしね。