Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

自律神経失調症で仕事が辛い時には

近年ではストレスを抱えながら仕事を続けている方が多く自律神経失調症を患ってしまう人が増加しています。

しかし仕事はなかなか休めない、辞めたいと思っても生活が苦しくなる等悩んでいる方は少なくないと思います。

 

自律神経に不具合が生じた時は心身ともに疲労した状態ですので、思いきって休職してみることは症状の改善に効果的な場合があります。

体と心を休ませてから復帰をするか、働きながら改善していくのかは自分の症状の度合いなどを考慮して決める必要があるでしょう。

 

・まずは医療機関の受信を

何が原因で症状が現れたのか?を考えてみることです。

自律神経失調症は早期発見、早期治療が有効と言われています。この病気を引き起こす原因で一番多いものが、人間関係と言われています。

 

一人で我慢、悩まずに早めに病院や専門医に診てもらう必要があります。

まずは医療機関や心療内科、かかりつけの病院を受診しましょう。

 

ごく軽い耳鳴りやめまい、肩や腰のこりなど初期症状の体の不調の場合は、近くの整形外科や耳鼻科で診察を受けてゆっくりと休養をとるだけで症状が改善される場合があります。

 

そして症状が軽いことがわかったら心療内科や精神科には行かずに、内科や耳鼻科、鍼灸を受けてみるのも選択肢の1つです。

これらの病院で診察してもらい重度な病気ではないとわかるだけでもとても意味のあることです。

 

もし自律神経失調症と診断されてもすぐには休職や退職はせずに、上司と職場環境について話し合うようにしましょう。

しかし仕事によってはどうしても続けざるを得ないという場合もあると思います。

そういう状況の中でもストレスを抱えながら生活習慣の乱れなど自律神経失調症になるのは仕方のないことかもしれません。

 

またそういう症状を抱えながら続けていくと悪化する可能性もありますし、仕事上のミスなども出てくることもあります。

自律神経失調症を治すためには職場環境の改善というのが大切になってきます。

人間関係で悩んでいる人は勇気を出して上司に相談してみるのもいいと思います。

そうすることで自分だけで悩んでいたことが思いつかなかった解決案を提示してくれるかもしれません。

 

少しでも自分に味方してくれる人を見つけることで働きやすくなっていき症状も改善していくと思います。

そしてこの病気の症状については少なからず理解してくれる人はいると思います。

カミングアウトする事で気持ちが楽になることはよくあることです。

それでは休職する場合について説明をしていきます。

・傷病手当金を利用して休職する

傷病手当金とはもし病気やケガなどで仕事ができなくなった場合、健康保険から受けられる保障です。条件としては・・・

 

・健康保険の被保険者であること

・医師の証明書がもらえること

・3日間連続して休み、4日目から休みがあること(土日祝日もカウントされます)

・申請期間に給与の支払いが行われていないこと

 

休職という行動が逃げととらえ自分が劣等感を感じてしまう事があるかもしれませんがこういう考えは間違っています。

 

なぜなら自律神経失調症の症状がひどいまま仕事を続けても悪化する可能性、本来の自分の力というものが発揮できないからです。何事も体が資本ですのでこれは当たり前のことと捉えるほうが自然でしょう。

 

大企業に勤めている方は会社に健康保険組合がある場合がほとんどです。その場合はご自身で健康保険組合に問い合わせて下さい。

中小企業にお勤めの方は健康保険に入っていると思います。その場合の手続き方法をご紹介します。

 

・会社に休みの連絡を入れます

・傷病手当金の申請書を用意します

・医師による証明書の作成を依頼します

・会社に証明書の作成を依頼します

・保険組合に申請書を提出します

 

手続き中にわからないことがあれば健康保険組合に問い合わせるのが確実です。

復帰のタイミングは各々違ってくると思いますが一般的に休職される場合は、1~2か月

、重度の場合は半年くらいの期間が設けられることが多いようです。

 

あまり長引いても復帰しずらくなったりするのでそういう場合は会社に時々報告を入れたり、信頼できる同僚に口伝えし自分の現状や意志を報告しておいてもらうのも良いと思います。

また事前にどのくらい休職するのかを伝えておくようにしましょう。わからない場合どのくらいの頻度で連絡をいれるなど職場に伝えることでスムーズな職場復帰ができるようになります。

中途半端に治った状態での復帰は絶対にやめましょう。しっかりと完治させてから職場復帰すべきだと思います。何事も体が一番なので休む時にしっかり休みましょう。