Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

耳を引っ張るだけの健康法で体の不調を劇的改善!

あなたは耳を引っ張るだけという健康法をご存知でしょうか?

耳を引っ張るだけで得られる健康と美容効果も多く体の不調がもしかすると改善されるかもしれませんよ。

誰にでも簡単にできる健康法で不調を改善していきましょう!

 

なんでも耳を引っ張るだけで姿勢や身体の不調がよくなるらしいです。耳をひっぱることによって頭の芯がゆるんで体と心のあらゆる疲れの解消につながります。

耳というのは皮がうすく刺激が伝わりやすいため、全身の血行がよくなり体温の上昇、

脳も刺激されるそうです。

ではなぜ耳を引っ張ることが健康につながるのか?

 

それは蝶形骨という頭部の骨の一つが歪んでいることが原因になっています。パソコンの作業や人間関係のストレスにさらされると感覚器官である目や耳、鼻、口が緊張してしまい筋肉で繋がっている頭の芯、蝶形骨が歪んでしまいます。

 

蝶形骨にはたくさんの神経や血管が通っており、ここが詰まってしまうと神経の働きが悪くなり疲れやすくなります。

そして蝶形骨と横隔膜はつながっていて蝶形骨にゆがみが生じると遠く離れている横隔膜が接している胃や腎臓などの臓器にも負担がかかってしまいます。

また蝶形骨の緊張は呼吸の動きを作っている横隔膜を介して全身に広がっているので、内臓や下半身の不調にもつながってしまいます。

蝶形骨は血管や気管、心臓を包んでいる薄い膜があるため蝶形骨のゆがみが体の不調につながるそうです。

 

目の奥にある蝶形骨は耳を引っ張ることで横にひっぱられ緊張やゆがみがとれます。

そして蝶形骨に余裕ができるとその支配下にある脳や各臓器にもゆとりができ、緊張状態が解消することで疲労や不快な症状の軽減、内臓が元気になります。

 

耳をひっぱり蝶形骨のゆがみがとれると、筋膜の中に十分なスペースができ内臓が活発になります。またこめかみ部分の骨や筋膜でつながっている横隔膜がゆるみます。

内臓というのは直接ほぐすことはできませんが、内臓につながっている蝶形骨を引っ張って元気にすることができるのです。

 

・小顔効果が期待できる

むくみが解消されるということは小顔効果につながります。このむくみのせいで顔が大きく見えてしまう方は意外と多いです。

 

なので耳を引っ張り本来の顔を取り戻しましょう。また口元のたるみが気になる方は耳を引っ張りながら口を動かしましょう。

そうするとフェイスラインのスッキリ効果が期待できます。

・心身のリフレッシュにも効果あり

耳にある神門というツボが耳の上部にあり、耳の一番上にある窪みの場所が神門にあたります。

 

この神門を中心にして耳をもんだり引っ張ったりして刺激してあげると自律神経が整い、肩こりや腰痛、不眠などに効果があるとされています。

 

また耳をひっぱることで副交感神経が優位になり、リラックスした状態を作ることができます。

さらに脳をニュートラルにして心のブロックをはずし、潜在能力を発揮できるようになります。それではやり方について説明していきます。

 

とても簡単で呼吸は普通に楽な状態にしておき、視線は遠くのほうを見るようにします。中指と親指で耳を挟んで真横ではなく若干斜め後ろの方向に軽くひっぱります。

最初は1~2分行い徐々に慣れてきたらスムーズに疲れがリセットされますよ。

・呼吸は忘れずに

耳を引っ張る時に息を吐き、息を吸いながら手をゆるめます呼吸をとめてしまうと余計な力が入ってしまうので気を付けましょう。

いつでもどこでも出来る気軽にできる耳を引っ張る健康法。暇な時間などの時や疲れを感じたときにやってみるといいですよ!