Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

白湯の知られざる美容と健康効果

白湯とは何か?ですが水を一旦沸騰させてぬるく冷ましたものを言います。

沸騰させたことにより水の中に含まれているカルキなどの不純物がとび、口当たりも柔らかくなります。

白湯には女性に嬉しい健康や美容効果があることがわかっています。

元々はインドの伝統医学で用いられていた飲み物で胃腸の働きを整えたり、心身のバランスを整えたりする効果があります。

また胃腸を温めることにより全身に熱が回り老廃物も排出されやすくなり、代謝を上げる効果もあります。

 

・白湯のダイエット効果

白湯を飲むことで新陳代謝が上がり起床時と毎食後に飲むと良いです。

身体が温まり血液の循環がよくなり老廃物の排出を促してくれます。

・尿量がアップし余分な水分を排出

白湯を飲むことで血液やリンパの流れがよくなります。

それにより体内で滞っていた余分な水分を尿として排出してくれます。その結果として尿量が増加し体重の減少につながり、便秘やむくみの解消に期待ができます。

・便秘の解消にも

白湯を飲むことで胃が刺激されます。40度前後の温度が効果的でその刺激がほどよく便秘の改善につながるポイントです。

「白湯のデトックス効果」

白湯を飲むことにより消化が良くなり、代謝が促進されます。それによって体に溜まっていた老廃物や毒素を体外に排出させやすくなる体になります。

「白湯の美肌効果」

白湯を飲むことにより全身の血液の巡りを良くしてくれます。

血液の循環がよくなることにより代謝が上がり吹き出物やアトピーなどの改善ができます。また肌のターンオーバーを整えてくれる作用もあり肌のくすみへの効果も期待できます。

・肌の乾燥改善効果も

体内の水分が不足することにより乾燥肌になってしまいます。

人間の約60%は水分で出来ています。水分を保つことが肌にとってうるおいを持つ秘訣です。普通の水だと体に負担をかけてしまいます。

「白湯の作り方」

やかんに綺麗な水を入れて沸騰させます。沸騰したら火を止めず10分待ちます。

しばらく沸騰させ続けることにより風のエネルギーを取り込むという意味があり、お湯が胃腸の汚れをきれいに押し流してくれると考えられています。

沸騰した後やかんの蓋をあけ火を止めずに10分待ちます。

・飲む時の温度は50℃がベスト

白湯の温度は人肌より温かく感じる50℃がベストと言われています。

熱すぎたり冷たすぎる温度では体や内臓に負担がかかってしまいおすすめできません。

実際に計れない人はすすって飲める程度の温度と考えて下さい。

コップ1杯の白湯を5~10分かけてゆっくり飲むのが良いようです。

・一日の摂取量の目安

1日の量はコップ5~6杯(700~800ml)までにしましょう。

飲みすぎてしまうと体にとって必要なものまで押し流されてしまい、逆に健康を損なってしまうおそれがあるので気を付けたいです。

毎日の健康に是非白湯を取り入れてみてはいかがでしょうか。