Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

日本酒に秘められた驚きの健康効果!

日本酒といえば伝統的、大人向けで飲みごたえがあるなどのイメージを持っているかもしれません。

普段何気なく飲んでいる日本酒ですが、他のお酒と比べとんでもなく身体にうれしい効果があったのです。

 

・日本酒は栄養の宝庫

醸造酒である日本酒はお米の栄養を豊富に含んでいます。

原料や発酵で生み出される栄養成分がほとんどそのまま含まれているのです。

日本酒の栄養成分はとても種類が多く700種類も含まれていると言われています。

アミノ酸はワインの10倍以上も含まれています。

・美肌に欠かせない成分

タンパク質のもととなるアミノ酸が肌を作ったり、有機酸が美しい肌を保つなど栄養満点な日本酒には様々な効果が期待できます。

日本酒に含まれているコウジ酸には、肌のシミの原因となるメラニンを抑制する効果があります。また細胞を活性化させるためシワやハリを取り戻す若返りの効果も期待されます。

・日本酒を作る職人さんは手がキレイ

米麹を作るのに必要な麹菌には細胞の老化を防いだり、保湿作用、活性化作用などの作用があるとされています。

 

他にはメラニン色素の生成を抑える働きもあるとされています。

他にも日本酒には以下のような成分と働きを持っています。

 

・遊離リノール酸・・・細胞のメラニン生成を低下させるとされています。

・グリセロール・・・水分を角質層に浸透させる働きがあるとされています。

・α-エチルグルコシド・・・角質層の形成を促進させる作用があるとされています。

・フェルラ酸・・・抗酸化作用があるとされています。

さらにaGGという成分がヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させ、肌の保湿力や弾力性を維持する働きがあります。

・髪をキレイに丈夫に保つ

髪も肌と同じタンパク質でできています。

育毛や発毛の効果もあるため男女共に嬉しい効果があります。これも日本酒に含まれているアミノ酸のおかげですね。

・血行促進効果

血流が滞ると肩こりや冷え性などが引き起こされてしまいます。

日本酒を飲むと他のアルコール飲料よりも飲んだ時に長時間、体温が2度ほど高い状態が続きます。

それにより血液の循環が良くなり、栄養分も体全体にいきわたりやすくなります。

また血流が良くなることによりストレス解消にもつながります。

・痴呆症の予防、改善

日本酒を飲むと心臓の働きを活発にし、血液の循環が良くなります。

またウロキナーゼという成分が血液を固まらせにくくする働きがあり、逆に固まりやすくするトロポキサンチンA2を減らす効果が認められています。

・善玉コレステロールを増やす

お酒を飲まない人に比べて飲む人は善玉コレステロール値が高い傾向にあります。

さらにお酒を毎日二合以上飲む人は善玉コレステロール値が最も高い数値を示したそうです。

・まだまだある日本酒の健康効果!

・糖尿病の抑制

・ガン予防、またその抑制と抵抗力をつける

・心筋梗塞や狭心症の心臓疾患の予防

・脳血管疾患、健忘症、高血圧、骨粗しょう症、アトピー性皮膚炎

・抗パーキンソン病

・精神安定効果

・コレステロール低下作用

・アレルギーの抑制

・抗鬱

 

日本酒にはこれほどの健康に良い効果があったんですね。

しかし適量を守り休肝日を設けて飲むようにしましょう。日本酒の適量は度数15度で

180mlと言われています。

適量を心がけ日々の健康に活かしましょう。