Ryuの健康ブログ

健康に関する役立つ情報をお届けします!

タオル1本で辛い肩こりをほぐす簡単ストレッチ!

運動不足が気になってても好きなことや趣味に没頭してなかなか運動する時間がとれないという方いませんか?

そんな方にピッタリのタオルを使ったストレッチ方法をご紹介します。

 

肩こりで悩んでいる人は意外と多く、20~50代の女性の約65%がつらい肩こりに悩まされていることがわかりました。

肩こりの原因は筋肉のコリからくる血行不良です。

デスクワーク等で長時間同じ姿勢でいたり姿勢が悪くなったりすることが筋肉の疲労につながり肩こりになってしまいます。

タオルストレッチは体の硬い人でも簡単に行えるのでおすすめです。

 

・首のストレッチ

まずは首のストレッチから始めます。両手でタオルを持ち頭の後ろに回します。

息をゆっくりと吐きながらタオルを下に引っ張り、気持ちよく伸びている状態で15~30秒程度キープします。

首の左側を伸ばす時は右手のタオルを強く引きながら左斜めを見るようにし、右側を伸ばす時は逆の要領で行います。

・肩のストレッチ

1:両足を揃えた姿勢で背筋を伸ばして立ちます。タオルの両端を持ちます。

2:息を吸いながらタオルを頭の上に持っていきます。タオルをピンと張った状態にするようにしましょう。

3:息を吐きながら、脇をしめるように肘を曲げタオルを肩のライン辺りまで下げましょう。肩甲骨を寄せ合うように意識し20秒程キープします。

・背中のストレッチ

1:まず右手でタオルの端を持ちそれを後頭部から背筋にかけてたらします。

2:たらしたタオルのもう片方の端を左手でつかみます。

3:その状態で右手は上に引っ張るようにし、左手は下に引っ張るようにします。

両手でタオルを引っ張り合うようにするだけです。

・下半身のストレッチ

1:両足の裏にタオルをかけて背筋を伸ばします。

2:息を吐きながら背中を伸ばしたまま上半身をゆっくりと前に倒し、ふくらはぎとふとももの裏側を伸ばすようにします。

3:体をそのまま倒したまま息をゆっくりと吸います。

4:息を吐きながら上半身をゆっくりと戻していきます。

これを3~5回繰り返します。このタオルストレッは筋肉を伸ばすことで血行が良くなり足のむくみや疲労回復、肩こりや腰痛回復にも効果があります。

またゆっくり行うことでリラックス効果も得られます。

肩を大きく動かし肩甲骨と首、肩甲骨と腕をつないでいる筋肉を伸ばしたり、首を引っ張り頸椎周辺のこわばった筋肉を刺激することができます。

ポイントは呼吸に合わせて動作を行うことと、動作の際に筋肉の動きを意識し使われている意識をもつことが大切になってきます。

肩こりで悩んでいる人はタオル1本でできるので是非やってみてはいかがでしょうか。